資金が無いと言って勧誘を断る

勧誘を断るには、、、

勧誘を断る女性
脱毛サロンの勧誘は、少々閉口してしまう場合があります。お店によっては、やや強い勧誘を行う事も実際あるからです。

それを上手に断る為には、経済状況に関して言及してみる手段があります。持ち合わせに関して話してみる訳です。

もちろん脱毛サロンで施術を受けるのは、無料ではありません。しかもサロンによっては、それなりに大きな数字になります。全身コースでしたら、20万以上になる事もよくあるのです。

それを逆手に取って、断り文句に利用してみるやり方もあります。言い方は非常にシンプルで、持ち合わせがないと言ってみる訳です。

その際に、職業欄などが1つのポイントになります。脱毛サロンでカウンセリングを受ける段階では、必ず独自のシートに記入する事になります。それには職業欄もあるのです。

それで職業欄に専業主婦や無職などと記載しておくのです。その上で、手持ちに持ち合わせが無いという話をしますと、無事に断れる確率も高くなります。

手持ち予算を理由に断る

そもそも脱毛サロンが施術を行う理由は、やはりお金です。
売上数字も高める為に施術を行うわけですから、さすがに手持ちがない来店客に無理に押すのは難しいでしょう。
サロンとしても、利益を生み出す可能性が無いと見込まれる来店客には、あまり強引に勧誘しても意味が無いと考えるものです。ですから手持ち予算を理由に断ってみると良いでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*