産後に脱毛とムダ毛処理する際の注意点について

産後のムダ毛処理

産後の女性
産後の女性は、女性ホルモンより男性ホルモンの割合が多くなる影響によりムダ毛が生えやすい状態となります。

その上、男性ホルモンによってムダ毛が濃くなりやすいです。

なので、濃いムダ毛を脱毛するためにサロンやクリニックで通うのが、脱毛するのに手早い方法となります。

けれども、産後の女性の肌はホルモンバランスが乱れることにより敏感となります。

そのため、敏感な肌に光やレーザーを当てても毛根部分に反応しにくくなるので、脱毛効果を思うように得られなくなります。

また、剃刀による自己処理は、脱毛施設での脱毛と違ってムダ毛を処理できますが、肌が敏感なので肌が荒れやすくなります。

電動シェーバーを活用しよう

肌が敏感だと剃刀負けしやすくなるので、剃刀による自己処理は控えるのが肌にとって安全となります。

なので、剃刀のように剃る自己処理であっても、電動シェーバーを活用するのが産後のムダ毛処理に適しています。

なぜなら、電動シェーバーは敏感肌であっても刃が直接肌に当たらない影響により、肌に与えるダメージを剃刀より抑えることができるからです。

その上、電動シェーバーは剃刀のように深剃りする恐れがないので、電動シェーバーによる自己処理は産後のムダ毛処理にお勧めの方法となります。

けれども、産後の肌が敏感な状態なので肌を保湿せずに電動シェーバーでムダ毛を処理すると、剃刀みたいに刃によって肌を傷つける形となります。

そのため、産後にムダ毛処理する際は、肌の保湿を欠かさずに電動シェーバーで行うのがお勧めです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*