毛抜きという処理方法で皮膚にダメージが生じるので埋没毛になる

埋没毛の原因

埋没毛を嫌う女性
埋没毛になってしまう原因の1つは、皮膚に対するダメージです。大きなダメージが生じるのは、あまり良くないのは間違いありません。なぜなら、それは皮膚の厚みを高めてしまうからです。

少々極端な話ですが、ある時の皮膚の厚みが、大体0.1ミリ前後だとします。その状態なら、埋没毛も起こりづらい状態です。

ところで埋没毛の発生率は、その厚みとの大きな関連性があります。やや厚くなってしまうと、埋没しやすくなるのです。

根本的な原因は毛抜き

ところで毛抜きというのは、皮膚に対してダメージを与えてしまう事だけは、間違いありません。
それで皮膚はダメージを感じると、防衛本能が働くのです。皮膚を何とかして保護するべきだと認識して、上記の0.1mmから0.15などに変化する事もあります。

0.1ならば特に問題なく体毛が出てきても、0.15では顔を出しづらくなってしまう訳です。それで体毛が埋もれてしまう事は、よくあります。

ですから根本的な原因は、毛抜きなのです。普段からそれでお手入れを行っている方々は、注意を要します。

ちなみに数ある処理手段の中には、埋没状態になりづらいものもあります。総じてシェーバーなどの手段は、埋没毛になる確率も比較的低いです。

また脱毛サロンによる処理なども、埋没毛を生じづらくしてくれる傾向があります。少なくとも、毛抜きだけは避ける方が望ましいでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*