脱毛コラム

アンダーヘアの施術を受けるなら優良な脱毛サロンを選ぶ

アンダーヘアの脱毛は脱毛サロンで

アンダーヘアの脱毛
国内ではまだ定着していませんが、海外ではアンダーヘアを脱毛するのが常識と言われています。温泉でアンダーヘアが気になって堂々としていられない、そんな思いをしている人もいるのではないでしょうか。堂々と温泉に入るためにも、脱毛サロンの施術を受けてきれいに整えましょう。

脱毛サロンは、通いやすい場所を選ぶことがポイントです。仕事帰りやショッピングをするときに立ち寄れる、駅から近いところを選べば通うのも苦ではありません。

脱毛サロンをよくリサーチしておく

完了までにかかる回数は毛の濃さや量によって個人差がありますが、だいたい10回くらいと言われています。期間は毛の周期に合わせるので、1年半から2年くらいです。1度通って終わるわけではないことを頭に入れておかなければなりません。また、費用はサロンによって異なります。安く抑えたいと望む場合は、事前に安くできるサロンをリサーチしておくと良いでしょう。ひとつだけにこだわっていると、どこが安いのか高いのか判断できません。できるだけたくさんのサロンの料金を調べておくことが大切です。

安さだけで飛び付いてしまうと、後々になって後悔することもあるので注意しましょう。施術料金や施術の流れをホームページで確認しておくと、どこが優良な業者なのか分かります。
トータル面を見て選択しましょう。

ワキガになる原因と脱毛でワキガが改善される理由について

脱毛でワキガを改善!?

ワキガが気になる女性
ワキガは、遠くまで臭いを放ちます。

それは、臭いの分子が存在する影響により、分子が服や皮膚に付くことでワキガの臭いが出ている感覚になるからです。

そのため、ワキガの人が着ている服を洗濯しても、臭いがそのまま残ることがあります。

なぜなら、汗をかく人ほど脇毛に異臭の成分が付きやすくなる上に、毛根に細菌が多く繁殖しやすくなるからです。

けれども、洗濯しても取れないワキガの臭いの主な原因は、自分の脇の皮膚にワキガの臭いの分子が付いていることです。

よって、ワキガがキツくなる前にクリニックに通って永久脱毛を施してもらうことで、脇毛を生えにくくするのがポイントとなります。

なぜなら、自己処理では脇毛を処理できても深い毛根を破壊することができないので、脇毛が生えにくくなることがないからです。

なので、脇毛の自己処理から開放されつつワキガの臭いを改善するならば、クリニックでレーザー脱毛を受けるのがお勧めとなります。

レーザー脱毛について

レーザー脱毛は、肌にレーザーを照射して深い毛根を破壊できるので、脇毛だけでなく無駄毛が生えにくくなります。

その影響により、ワキガから発される臭いが毛に付きにくくなるので、ワキガの臭いがキツくなるのを抑えることができます。

そして、レーザー脱毛を受けるほど脇毛が生えにくくなるので、自然と脇毛に異臭を放つ成分が多く付きにくくなります。

その上、レーザー脱毛によって深い毛根を破壊することは、毛根に潜む雑菌を数を減らすことにも繋がります。

毛抜きという処理方法で皮膚にダメージが生じるので埋没毛になる

埋没毛の原因

埋没毛を嫌う女性
埋没毛になってしまう原因の1つは、皮膚に対するダメージです。大きなダメージが生じるのは、あまり良くないのは間違いありません。なぜなら、それは皮膚の厚みを高めてしまうからです。

少々極端な話ですが、ある時の皮膚の厚みが、大体0.1ミリ前後だとします。その状態なら、埋没毛も起こりづらい状態です。

ところで埋没毛の発生率は、その厚みとの大きな関連性があります。やや厚くなってしまうと、埋没しやすくなるのです。

根本的な原因は毛抜き

ところで毛抜きというのは、皮膚に対してダメージを与えてしまう事だけは、間違いありません。
それで皮膚はダメージを感じると、防衛本能が働くのです。皮膚を何とかして保護するべきだと認識して、上記の0.1mmから0.15などに変化する事もあります。

0.1ならば特に問題なく体毛が出てきても、0.15では顔を出しづらくなってしまう訳です。それで体毛が埋もれてしまう事は、よくあります。

ですから根本的な原因は、毛抜きなのです。普段からそれでお手入れを行っている方々は、注意を要します。

ちなみに数ある処理手段の中には、埋没状態になりづらいものもあります。総じてシェーバーなどの手段は、埋没毛になる確率も比較的低いです。

また脱毛サロンによる処理なども、埋没毛を生じづらくしてくれる傾向があります。少なくとも、毛抜きだけは避ける方が望ましいでしょう。

産後に脱毛とムダ毛処理する際の注意点について

産後のムダ毛処理

産後の女性
産後の女性は、女性ホルモンより男性ホルモンの割合が多くなる影響によりムダ毛が生えやすい状態となります。

その上、男性ホルモンによってムダ毛が濃くなりやすいです。

なので、濃いムダ毛を脱毛するためにサロンやクリニックで通うのが、脱毛するのに手早い方法となります。

けれども、産後の女性の肌はホルモンバランスが乱れることにより敏感となります。

そのため、敏感な肌に光やレーザーを当てても毛根部分に反応しにくくなるので、脱毛効果を思うように得られなくなります。

また、剃刀による自己処理は、脱毛施設での脱毛と違ってムダ毛を処理できますが、肌が敏感なので肌が荒れやすくなります。

電動シェーバーを活用しよう

肌が敏感だと剃刀負けしやすくなるので、剃刀による自己処理は控えるのが肌にとって安全となります。

なので、剃刀のように剃る自己処理であっても、電動シェーバーを活用するのが産後のムダ毛処理に適しています。

なぜなら、電動シェーバーは敏感肌であっても刃が直接肌に当たらない影響により、肌に与えるダメージを剃刀より抑えることができるからです。

その上、電動シェーバーは剃刀のように深剃りする恐れがないので、電動シェーバーによる自己処理は産後のムダ毛処理にお勧めの方法となります。

けれども、産後の肌が敏感な状態なので肌を保湿せずに電動シェーバーでムダ毛を処理すると、剃刀みたいに刃によって肌を傷つける形となります。

そのため、産後にムダ毛処理する際は、肌の保湿を欠かさずに電動シェーバーで行うのがお勧めです。

資金が無いと言って勧誘を断る

勧誘を断るには、、、

勧誘を断る女性
脱毛サロンの勧誘は、少々閉口してしまう場合があります。お店によっては、やや強い勧誘を行う事も実際あるからです。

それを上手に断る為には、経済状況に関して言及してみる手段があります。持ち合わせに関して話してみる訳です。

もちろん脱毛サロンで施術を受けるのは、無料ではありません。しかもサロンによっては、それなりに大きな数字になります。全身コースでしたら、20万以上になる事もよくあるのです。

それを逆手に取って、断り文句に利用してみるやり方もあります。言い方は非常にシンプルで、持ち合わせがないと言ってみる訳です。

その際に、職業欄などが1つのポイントになります。脱毛サロンでカウンセリングを受ける段階では、必ず独自のシートに記入する事になります。それには職業欄もあるのです。

それで職業欄に専業主婦や無職などと記載しておくのです。その上で、手持ちに持ち合わせが無いという話をしますと、無事に断れる確率も高くなります。

手持ち予算を理由に断る

そもそも脱毛サロンが施術を行う理由は、やはりお金です。
売上数字も高める為に施術を行うわけですから、さすがに手持ちがない来店客に無理に押すのは難しいでしょう。
サロンとしても、利益を生み出す可能性が無いと見込まれる来店客には、あまり強引に勧誘しても意味が無いと考えるものです。ですから手持ち予算を理由に断ってみると良いでしょう。